メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】命を燃やせ!48n+1調整みがじたメガミミロップ

どーもこんにちは パッケージです

今回はみがじたメガミミロップを紹介します

 

個体紹介

 

@メガ石 柔軟 せっかち

実数値(B個体値18)

メガ前 145(36)-128(252)-88-74-116-168(220)

メガ後 145(36)-188(252)-97-74-116-201(220)

技構成

じたばた/身代わり/冷凍パンチ/自由枠

自由枠候補:飛び膝蹴り・がむしゃら・猫騙し・ミラーコート・アンコール等

調整 

H:48n+1(じたばたの威力を高めるため)

B:身代わり後メガ前で特化のじゃれつく確定耐え(~99.4%)

D:メガ前で準特化サイコキネシス確定耐え(~99.3%)

 

開発経緯

1.某有名実況者が「の猫恩返しでが落ちない」といった内容のツイートをしていたためを一撃で落とせるを考えることにした

2.そこでが覚える無高威力技を探したところ

を覚えることが分かった しかしギガインパクトは反動が大きすぎる、とっておきは技構成が大きく制限されるため双方使いづらいと判断し、じたばたを軸に据えた型を作ることにした

3.自分のHPを能動的に削れじたばたと相性がいい身代わりを投入して耐久調整を施し、メガ前でもの化けの皮を壊せるように冷凍パンチを入れた

 

運用方法

基本的には普通のと同じで先発に出して何やかんやする

対面の時の立ち回りが少々特殊であるためここについて話す

vsの場合

  • 1t メガせずに身代わり
  • 2t メガせずに冷凍パンチ
  • 3t メガしてじたばた

で相手が初手を切ろうが大打撃を与えることができる

身代わり+特化のじゃれつくで93.8%で威力150以上のじたばたが打てるためASミミッキュはそのじたばたで倒せる

またABであっても37.5%で威力200のじたばたが打てるため運が良ければ倒すことができる

自分の運に自信がない人は冷凍パンチの枠を猫だましに変えれば猫で化けの皮剥がし⇒身代わり連打で確実に威力200のじたばたを打てるためこちらをお勧めする

陽気ミミッキュだとここら辺の乱数が大きく変わるため当たらないことを祈ろう

vsの場合

  • 1t メガせずにじたばた
  • 2t メガしてじたばた

これでが控えめor火力upアイテムを持っていなければ可能性はある

準特化サイコキネシスで25%で威力200以上のじたばたが打てるためスカーフには運がよければ勝てるかもしれない

スカーフでなければメガ前じたばた⇒メガ後じたばたで勝てる

自分の運に自信がない人はミラーコートあたりを搭載して耐久にがっつり振ろう

 

最後に

狂気の沙汰ほど面白い に対する画像結果

こいつ位自分の運に自信がある人が使えば強いと思うよ

 

終わり 

 

 

ここから先は今後一切使うことのないであろうとてつもなくどうでもいい知識の羅列なのでそういう系に興味がない人はブラウザバック推奨です

 

 

コラム:「じたばた」の解説と48n+1調整のメカニズム

 「じたばた」は自分のHPが少ないほど威力が上がる技であり、HP割合に応じてこのように威力が増加する

  • 残りHP/最大HPが2/48未満→威力200
  • 残りHP/最大HPが2/48以上5/48未満→威力150
  • 残りHP/最大HPが5/48以上10/48未満→威力100
  • 残りHP/最大HPが10/48以上17/48未満→威力80
  • 残りHP/最大HPが17/48以上33/48未満→威力40
  • 残りHP/最大HPが33/48以上→威力20

カンのいい人であればなぜ48n+1調整がじたばたの威力を高めるのか分かったのではないだろうか

そう、その理由とは

「48で割った時に切り捨てる数が減るからである

例を挙げると

H141の2/48未満は(141/48=2.9...)*2つまり5.875未満であるため5以下である

H145の2/48未満は(145/48=3.0...)*2つまり6.041未満であるため6以下である

このように耐久ラインが全く同じである場合はHを48nより上かつ48nの近辺に設定すると無駄に切り捨てられる数が減るのである!(大事な事なので二度言う)

H調整といえば16n-1や16n+1調整が有名だが、もし実践でじたばたを使う機会があれば48n+1調整なんてものが存在していたことを思い出してほしい

そしてあわよくば広まってほしい(ムリ)

あと自分数学音痴なので変なところがあれば指摘してほしいですorz

 

本当の本当に終わり