メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】Lv32襷ドーブル

f:id:packagex:20171112121120j:image

ポケモンはレベルが高いほうが強いらしい

 

どーもこんにちは パッケージです

今回はLv32襷ドーブルの紹介をします

  

個体紹介

f:id:packagex:20171112121352p:image

 

調整

H:がむしゃらの威力を上げるため個体値0

BD:がむしゃらの威力を上げるため最脆

s:ほっすり後最速ジャローダ抜き

相手のスカーフ持ちにスピスワを打った後の相手のs実数値が135になる→メガ進化前のサメハダーを上から動かす事ができる

 

開発経緯

対面構築の先発に出す襷ドーブルについて考えていたところこいつの技構成は

  1. 相手の体力を削る定数ダメージ技
  2. s操作技

の2つで完結する→Lvに拘る必要が無いことに気付いたため無性にレベルを下げたくなった

そこで低レベルとの相性の良さに定評があるがむしゃらを削り技として投入し、がむしゃらの効かない霊タイプへの削り技として自然の怒り、挑発を打たれてもs操作でき麻痺を撒けるほっぺすりすり、麻痺が通らない電気タイプや初手身代わりしそうな輩に打つスピードスワップを入れて完成!って感じ

 

運用

  • 基本

ほっぺすりすり→がむしゃらで退場

  • 電気タイプ

スピードスワップ→がむしゃらで退場

ボルチェン→先制技で縛られそうだったらがむしゃら打って退場って感じ

  • 身代わり

相手が身代わりを打ちそうな雰囲気出してたら初手スピードスワップから入る

スピードスワップは身代わりを貫通するためs関係が逆転する→上から自然の怒りで身代わりを壊せるって寸法

 

感想

強くはない

数多の連続技持ちに何もできないし削りに特化しているため対面構築の初手に求められる相手を倒してアドを取るという行動が出来ずなかなかに辛かった

 

最後に

個体紹介の項目を書く時はダメージ計算zのポケ管理の項目にデータを打ち込んでスクショ撮って貼り付けると入力がとても楽になりかつ見やすくなるので是非一度やってみてほしい

 

おしまい