メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【コラム】ポケモンに取り組む姿勢についての自分の主観

f:id:packagex:20170421195032j:image

プレゼンとかいう文化マジで滅びてほしい

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回はタイトル通りポケモンに取り組む姿勢についての自分の主観を述べたいと思います!

 

主張

結論から言うと自分は「高いレートを達成するために潜る」「結果を出す為に潜る」事に拘る人が多くなるという状況はあまり良くないと考えています

その理由は2つです!

 

理由

1.高いレートに拘りすぎることがポケモン対戦の魅力自体を削いでしまう事に繋がりかねないと考えているから

まずはこのリンクを見て下さい!

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/spv/0708/24/news005_2.html

この記事に書いてあるように外発的動機付けによる行動はその行動自体の魅力を見失う事に繋がります

レートに拘る風潮が強まるとポケモンを始めたばかりの人やそこそこ強い位の中級者の人の目標が高レート(ex.2000以上)を目指す事に一元化されてしまい「レートを上げなければいけない」「対戦はレートを得る為の手段である」という思考に陥る可能性があります

また良い結果を残すことができた人も「また良い結果を出して他人に認められたい」と考える可能性が高くなります

そうなると対戦をする理由が「レートを上げるため」「他人に認められるため」という外発的動機になり結果として対戦自体の楽しさを味わう妨げになると考えます

 

2.ポケモンの楽しみ方の多様性が欠如してしまうと考えているから

 

自分は普段余り見ないポケモンや技に道具・バカみたいな戦法・訳のわからないギミックを使うのが大大大好きで日々こういうのを研究しているのですが、正直このような楽しみ方をしている人は他の対戦ゲームと比べるとかなり少ないと感じます(見つけることが出来ていないだけかもしれませんが

その他にもポケモンには

  • 自分の嫁ポケと一緒にレートに行く
  • 拘りのPTでレートに潜る
  • フリーでのんびり遊ぶ
  • 自分達で作った特別ルールで戦う
  • オフ会でバトル!(行ったことないけど
  • 縛りプレイで◯勝目指す

…などなど対戦だけでも沢山の楽しみ方がありますが、高レートを目指すという人ばかりが増えると相対的に他の遊び方をする人が減り、結果としてこのような楽しみ方に出会う事・知る事が難しくなるでしょう

その結果他の遊び方なら楽しめるのにレートがつまんないからポケモン辞める…という人が出てくる事もあるかもしれません

そうならない為にもポケモンには色々な楽しみ方があり、レートはその一つに過ぎないという事をアピールする必要があると思います

 

まとめ

誤解されそうなので言っておきますが自分はレートという形式が嫌いで高レートを目指す人を斜に構えて見ている…というわけではありません!

むしろ結果を残してる人は滅茶苦茶尊敬してるしレートOO目指すぞ〜って言ってる人を見ると「うお〜頑張れよ〜応援するぞ〜٩( ᐛ )و」って思います

自分が言いたいのは「より多くの人がポケモンを楽しむためにはレート以外の所に目を向ける必要があるのではないか」という問題提起であり、他人のスタンスをDISる意図は一切ありませんのでそこら辺よろしくお願いします!

 

最後に

反論や意見があれば@Localpackageまで気軽に送って頂けるとありがたいです!

時間はかかるかもしれませんが絶対返します!

 

おしまい