メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】zトリル催眠スリーパー【供養】

f:id:packagex:20161228191427p:image

目が完全にイってる

 

スリーパー@エスパーz  のんき 予知

実数値  191(244)-×-134(252)-93-137(12)-64

夢食い/身代わり/催眠術/トリックルーム

H:16n-1調整

B:ぶっぱ

D:余り

 

開発経緯

SM発売後一番最初に考えついた奇形ポケモン

SM発売後色々なブログや動画を漁るなかで補助技のz技に能力UPが付加される事を知り、6世代では少なかった命中率上昇手段が増えた事で催眠術による無限ハメ戦法が成立するようになったのではないかと考えた

そこで命中率UPするz技一覧を全て見て行った結果、zトリックルームと催眠術の相性が

  • s逆転により被弾回数を1回に抑えてハメられる
  • トリルを残しつつ相手を倒せば2体目に上から催眠術を打つことができる

という理由で良いと判断した

しかしポイヒガッサ等と違ってzトリル催眠は持ち物がzクリスタルで固定されてしまうため回復ソースが無い…どうしよう…

と考えながら回復できる攻撃技一覧をボケーッと見ていると

f:id:packagex:20161228200257p:image

最強の技を見つけてしまった。

眠り時に夢食いを打てば身代わり分のHPも回復するし威力も高いから遂行速度も高まる!これは環境トップ不可避ですわ〜wこの戦法が流行ったら起源主張しよ〜w

などという妄想をしながらトリックルームと催眠術と夢食いを同時に覚えるポケモンを検索してみたところ、バンク解禁前+最終進化系では

の4体しかいないことがわかったため、耐久種族値が比較的高く夢食いをタイプ一致で打てるスリーパーを使うことにした

 

運用

  1. zトリルをする
  2. 上から命中UP催眠術を打つ
  3. 身代わりを打つ
  4. 起きたらまた催眠術、寝たら夢食い
  5. (2〜4を数回繰り返す)
  6. † 完 全 勝 利 †
  7. 終わり!閉廷!

 

反省

さて実戦の結果がどうだったかというと…

(大体わかっているとは思うが)

クッッッッッッッッッソ弱かった。

どんくらい弱かったかっていうとその時同じPTで使ってた ネッコアラ@ノーマルz 暴れる/寝言でz寝言で暴れるしか出せなくした型の114514倍は弱かった。弱すぎて漫画内のオタクがよくやる「デュフフw」って感じの笑いがリアルにこみ上げてきた。なんだこいつ。

原因は沢山あるが

  1. トリル最終ターンに相手が起きると詰み
  2. 身代わりでオワオワリ
  3. 夢食いの火力が全く無い
  4. そのため鋼タイプで詰む
  5. スリーパー種族値が足りない
  6. 悪タイプを受け出された瞬間負けが決まる
  7. そもそもzトリルで命中を上げても催眠術の命中率は80%にしかならないから普通に外れてア〜〜〜〜〜〜〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ってなる

この7つがかなり大きかったといえる

とくに最後の部分が致命的でパターンに入っても催眠を普通に外しやがるためそのたびに台パンをする必要があり、このポケモンで3タテする前に筆者の精神がすり減りすぎてリアルの体調に悪影響が出てくると判断したためやむなく使用を断念した

ゲームするだけでリアルの体調が悪くなるとか闇のデュエルか何かですかね…?

 

最後に

アイディアは悪くなかったんだよ!アイディアは!

 

おしまい