読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】ABSメガサメハダー

単体考察

どーもこんにちは  パッケージです

 今回はB振りメガサメハダーについて語ります

f:id:packagex:20160822225054j:image

 

型紹介

メガサメハダー@石  意地  加速→頑丈顎

技構成  守る/身代わり/噛み砕く/道連れ

実数値  145-209(236)-106(124)-×-85-144(148)

(メガ前s実数値134)

 

噛み砕くワンウェポンメガサメハダーの強みは http://packagex.hatenablog.com/entry/2016/04/17/120646を見て貰えばそれなりに分かると思うのでここではB振りの意図について説明します

 メガサメハダーは高いAとSを有してはいますが耐久はお世辞にも高いとは言えず、b無振りだと意地珠アローのブレバで高乱数1になる程度の耐久しかありません

一方この型のメガサメは「身代わりを絡めて出来るだけメガ進化を温存する」戦い方をすることが多いため加速が発動する機会が増え、その結果s振りが無駄になることが多くなりました

そこでsへの努力値を最低限に抑え、余った努力値を全てBに注ぎ込むことで対面性能がより高くなるのではないかと考えました

 

ダメ計

a特化珠アローのブレバ

■ダメ 121〜144 (83.4%〜99.3%)確:2発

a特化キノガッサのマッパ

■ダメ 128〜152 (88.2%〜104.8%)乱:1発(25%)

a特化ガブリアスの逆鱗

■ダメ 127〜151 (87.5%〜104.1%)乱:1発(25%)

a特化メガガルの不意打ち

■ダメ 42〜49 (28.9%〜33.7%)乱:3発

→身代わりが1発目の不意打ちを耐える

 

b振りで大きく動きが変わるポケモンが上の4体です

Bに振ったことでアローガブガッサ対面でも出落ちすることが減り相手に一撃を入れることができるようになりました

またメガガルがメガサメの噛み砕く圏内に入り相手の不意打ちが読めている時、不意打ち読み身代わりを打つことで次の不意打ち2発を身代わりが耐えるためより少ないHP消費で突破できます

他にもa182マンムーのじしん+氷の礫を確定耐えするので襷マンムーなんかにも勝てたりします

 

最後に

流石にsラインが低すぎる気がしないでもない

 

おしまい