読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】ゴツメ草食バッフロン

単体考察

f:id:packagex:20160814213558p:image

バッフロン  の  なみのり

というわけで今回はバッフロンの考察をします

 

型紹介

バッフロン@ゴツゴツメット

性格 意地っ張り  特性 草食

技構成  アフロブレイク/しっぺがえし/馬鹿力/剣の舞

実数値  195(196)-178(252)-123(60)-×-115-75

 

バッフロンについて

5世代で初登場した牛

ネタ感溢れる見た目とは裏腹に強力な特性(草食・防音・捨て身)と優秀な種族値(HBD95-A110)と専用技(アフロブレイク)を有する強力なポケモン

しかしメガガルーラの台頭により彼の姿をレートで見ることはほぼなくなった

 

技構成

アフロブレイク

メインウェポン  恩返しでは火力が足りない

 

しっぺがえし

ゲンガーとギルガルドに打つ技

この技スペは地震に変えたいがゲンガーへの打点がないのは致命的なのでしっぺを選択

 

馬鹿力

ナットレイ及び鋼タイプ・ガルーラに打つ技

リベンジはナットレイへの打点にならないため不採用

 

剣の舞

身代わりと剣の舞で迷ったが高耐久をゴリ押しで突破できる剣の舞を選択

主にジャローダナットレイ対面で打つ

 

運用

今回のメイン仮想敵はキノガッサ

未来予知ランクルスの記事でも書いたように中堅パはどうしてもガッサが重くなってしまう

そこでキノガッサの胞子・タネマシンガンを無効化できる草食ポケモンならガッサを完封できると考え、その中でも一番優秀な種族値を有するバッフロンを採用することにした

しかしキノガッサは襷が多いため草技読みの後出しをしたところでマッパ×2で処理されてしまう

もちろんキノガッサのマッパ×2耐え調整を施せば勝つことも可能だが、HBにほぼ特化する必要があるため火力が足りず対面性能を落とすことになる

そこで考えたのが今回のゴツメバッフロンである

ゴツメを持たせることでキノガッサのマッパを受けながら襷を削ることができ、返しのアフロブレイクで倒すことができるのだ

副産物としてH203メガガルーラをゴツメ×2+馬鹿力で倒せるようになったが、今のガルーラはB振りが多いため基本落ちないと思った方が良い

落ちたらラッキー!くらいの気持ちで打とう

もちろん草食バッフロン本来の役割対象であるジャローダナットレイエルフーンフシギバナにも(草技に後出しできれば)勝てる

ここらへんのポケモンが重いptにはぜひこのバッフロンを採用してほしい

 

ダメ計

A特化キノガッサのテクニマッパ

■ダメ 110〜132 (56.4%〜67.6%)確:2発

A特化メガガルの捨て身

■ダメ 160〜190 (82%〜97.4%)確:2発

C特化メガバナのヘドロ爆弾

■ダメ 84〜100 (43%〜51.2%)乱:2発(6.3%)

 

最後に

バッフロン図鑑がなかなか面白い

気になる人は検索しよう

 

おしまい