メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【PT考察】受けロック・改


自分で書いておいてなんだが
無茶苦茶なPTだなコレ

f:id:packagex:20160428222104j:image

少し前に書いた受けロックを改良しました
使用方法も軽く説明したいと思います



Q.受けロックとは?

前回の記事に書いた通りフェアリーロック脱出ボタンクレッフィ+とおせんぼう持ちのポケモンを用いて有利対面で交代出来なくしてtodで勝つ戦法です

とおせんぼう持ちの高耐久ポケモンが受けループに入っていることが多いため頭に「受け」が付いています

ちなみにこのPTの勝ち筋はTODしかないのでTODが嫌いな人はブラウザバック推奨です



Q.PTメンバーは?


こんな感じです


クレッフィ@脱出ボタン 図太いBD 
 フェアリーロック/電磁波/身代わり/威張る

・コンボの中心  クレッフィに補助技打つ人は殆どいないから脱出ボタンは発動しやすいはず


メガヤドラン@石 図太いHB 
 波乗り/怠ける/鉄壁/とおせんぼう

TODマンその1 シェルアーマーが強い


ハピナス@食べ残し 穏やかHD 
 瞑想/ハイボ/卵産み/とおせんぼう

TODマンその2  特殊は硬い
・瞑想で積みATにも対応できる


バンギラス@ラム 慎重HD
嚙み砕く/追い打ち/とおせんぼう/眠る

・補完  ほぼ100%選出されるゲンガーに投げる
・気合玉のないゲンガーには勝てるはず


ユレイドル@オボン わんぱくHB 
のろい/光合成/とおせんぼう/種爆弾

TODマンその3  一番の疑問枠  単体性能が低すぎる
・だが初手の吠えるマンに対応できるのはこいつしかいないため渋々採用


メガゲンガー@石  臆病HS
ヘド爆/挑発/金縛り/眠る

TODマンその4
・回復技と毒毒持ち、ガルーラの対策を同時に行う  ガルーラクレッフィ対面でこいつに引けば次のターン相手は交代するためそこにクレッフィを合わせてロックする
・ヤドランではグロパンを空かせないため捨て身でゴリ押されると考えた






Q.使い方 

初手フェアリーロック→有利対面作る→とおせんぼうとやることは決まっているため選出が重要になる

クレッフィヤドランハピナスが基本選出
ゲンガーがいればバンギを入れる
起点構築の匂いがすればユレイドルを入れる
相手がサイクル+状態異常で戦うようなPT、グロパンガルーラがいそうなPT(?)にはゲンガーを入れることを心がける   先発を読む力が重要







Q.このPTの弱点は?その対策は?



1.クレッフィをワンキル出来るポケモンクレッフィが初手で対面すること

最後の判定でほぼ負けます→相手が物理であればヤドラン、特殊であればハピナスを後出しして相手の交代に合わせクレッフィを出せばロックの流れに入れられると思います



2.吠える

ロックを解除されるのでかなり辛いです→吸盤ユレイドルで勝てます



3.回復技持ちを突破できなくてHP割合で負ける

相手を最後のターンに倒さないといけないので回復技は辛いです→ゲンガーでおkです  メインウェポンを金縛りすれば打ち合いには負けないはずです



4.初手ゴーストタイプ

フェアリーロックすり抜けられて普通に負けます→ゲンガーならラムバンギを後出しして追い討ちを打ち2-3の状態に持ち込んだ後バンギ捨ててクレッフィ出し→フェアリーロック打って倒れるor交代→3体目でロックします  メガヤミラミギルガルドには多分勝てません



5.初手ガルーラのグロパン

ヤドランで受けられなくて負け→ゲンガー後出しでグロパン透かしから交代読み交代で踏ん張りましょう



6.ボルチェン、蜻蛉、バトン

死  降参しましょう



正直まだまだ見逃している項目がある気がするのですが思いついたものだけ書き出しました

ゲンガー、ガルーラが辛い&相手依存の動きをするため強い構築ではないです


 
Q.使用感は?

使ってないので分かりません  ていうか1試合に30分以上かかるPTとか使いたくないです
でもこの構築には可能性を感じるため興味のある人は使ってみて欲しいです  改善点はたくさんあるはずなので自分がしっくりくるようにアレンジして下さい


Q.最後に

語尾安定してないけど許して



おしまい