メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【単体考察】最脆素催眠ゴース

どーもこんにちは  パッケージです

今回は素催眠ゴースについて考察します 

f:id:packagex:20160419215428j:image
f:id:packagex:20160419215709j:image

完全に一致

ゴース@襷  冷静C252
祟り目/催眠術/トリル/道連れ
実数値  90-×-35-167-40-76(HBDS個体値0)

見ての通りトリル道連れで後続にトリルを残しつつ11交換を狙う構成になっています
そして残りの2枠には催眠術と祟り目を入れています

なぜこの2つを入れたのかというとトリル道連れ読みの補助技を打たれるのを防ぐためです

トリル道連れは決まれば強力な反面読まれやすく補助技を打ってターンを稼がれることが多いです

そこに素催眠をブチこむことで当たれば祟り目2発で突破、当たらなくても相手は催眠を恐れて攻撃技を打ってくれるため道連れで11交換できこちらに有利な盤面を作ることが出来ます

他のポケモンとは脆さ、sライン、祟り目の火力で差別化出来ていると思います

良い子の皆はトリル三日月の舞クレセリアを使いましょう



おしまい