メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

【戦法考察?】自分が中堅パで戦うときに考えていること

f:id:packagex:20161110230227j:image

最近とても寒い

 

というわけで今回は自分が中堅パで戦うときに考えていることを簡単に書きます

 

1.使えるポケモンを縛る

使えるポケモンを縛ることで所謂「グッドスタッフ」のように強いポケモンの強い型×6で固めることができなくなります

言わなくてもいいと思うけど一応書きます

 

2.「OOしたい」を見つけ出す

1のように一定のポケモンを縛ってバトルしていくと必ず「ooが辛い」「ooがPTにいると負ける」みたいな壁にぶち当たります

その壁を「縛ったポケモン以外」で乗り越える必要があるため必然的にPT構成、ポケモン単体の調整を考える時間が増えます

すると自分のPT内のポケモンの役割・動かし方がハッキリしてくるのである程度戦えるようになると思います

あとこういう段階を経て生まれたポケモンは自然と役割対象が明確になるため活躍させやすくなります

 

3.とにかくなんでも試す

2で出てきた壁を乗り越えられるポケモンを探すために色々なポケモン種族値や技構成を調べていくと時々「あれ?コイツ結構種族値と特性いいじゃん」「コイツこんな技覚えるのか」みたいな奴にぶち当たります  それを忘れないうちにケータイとかにメモして型を考える時の手がかりにして、できればその場で育成して使っちゃいましょう  良かった点・課題点が見えてきます

ヒラメキが大事

 

4.他人の考察ブログを見る

これが一番重要かもしれません

自分一人で中堅ポケの型を考えててもいつか必ず行き詰まるのでそういう時は他の人の中堅ポケをパクリましょう

もう6世代が発売されて3年ほど経つため、どんなポケモンでも大抵そいつを使ってレート2000行ってるプロフェッショナルがいます

そういう人の使うポケモンは大抵今の環境に適応するために考え抜かれているはずなのでそういう記事を見つけて心の中で「ありがと〜〜」って言いながら堂々とパクりましょう

相手だって(多分)自分が使ってる中堅ポケをパクられて悪い気はしないと思うしもし自分がこのブログ内の型をレートで見たらTNでエゴサして即無言フォローするくらいには喜びますのでどんどん真似していきましょう

個人的おすすめブログは

「紳士淑女の嗜み」

「タケシズ道場」

「ダストを相手のニンフにシュゥゥゥーッ!!」

「ととのレート奮闘記。」

あたりですかね   どれも自分のブログより114514倍面白いので見たことないブログがあれば今すぐ見に行きましょう

あと動画では

「マイナーポケモンシングルレート〇〇」シリーズがダントツのオススメです

youtubeやニコ動で見られるのでこれも見たことない人は今すぐ見に行きましょう

 

5.中堅ポケ型作成時のパターン

自分が型を考えるときは

  • 火力と耐久が高いポケモンには鉢巻or眼鏡を持たせる
  • がむしゃらが使えるポケモンはとりあえずみががむが使えないか考える
  • 岩タイプには弱点保険を持たせる
  • 頑丈持ちには鉢巻or眼鏡or弱保を持たせて最低限の耐久調整をして残りをsとAorCに振る
  • カウンターとミラーコートを覚えるポケモンにはなるべくそれを仕込む
  • 紙耐久高火力には襷を持たせる

…など様々な「パターン」を使って育成論を考える負担を出来るだけ減らそうとしています

育成論を考えるのに疲れる前にそういう「パターン」を見つけ出すのもいいんじゃねえかな〜って話です

 

6.OOを活躍させたい系統について

OOを活躍させたい時はそのポケモンのポテンシャルを最大限に引き出した型よりも「OOはxx対策のため(××をするため)に採用しているから技を##にしている」って胸を張って言える型の方が選出機会も増えて結局使いやすくなるよ〜〜〜って話です

 

7.PTの組み方

強い人がPTに必要な要素みたいなのを書いてたはずなのでそれを見るのがいいと思います

自分はメガサメの11交換性能を最大限に発揮するために対面性能の高いポケモンを5体ぶち込んで最後にメガサメを入れてます

 

 

最後に

ブログモチベが高い高いしてるから勢いで記事書いちゃったけど内容が他界他界しててアレ

近いうちに書き直すと思います

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【単体考察】イバンくいしんぼう腹太鼓カビゴン

f:id:packagex:20161110115709p:image

SMでほんきをだす(意味深)

 

というわけで今回はカビゴンの考察をします

 

型紹介

カビゴン@イバンの実  

特性 食いしん坊   性格 意地っ張り

技  やつあたり/地震/カウンター/腹太鼓

実数値  236(4)-178(252)-116(244)-×-131(4)-51(4)

 

 

カビゴンについて

赤緑で初登場したポケモン

赤緑・金銀の対戦環境では高耐久を生かしたねむねごを用い、RSでは高い攻撃力を生かした自爆特攻隊として活躍するなど旧世代においてはトップメタとして君臨していた(らしい、筆者の実体験ではなくブログの情報を鵜呑みにしただけなので語弊があるかもしれない)

しかし4世代・5世代と世代を経るにつれガチ対戦での使用率は減っていき、6世代でメガガルーラが誕生するとPT内での役割がメガガルと被る・ガルーラメタがそのままカビゴンに突き刺さるなどの理由で使用率がガクッと落ち込み、レート上で彼の姿を見ることはほぼなくなった

 

 

努力値

  • A特化でないと火力が足りないため252振り+性格補正
  • D方面は努力値を振らなくても十分硬いため、比較的柔らかいBに244振り
  • 麻痺した130族を抜くためにsに4振り
  • Hを偶数にするためHに4振り 余りD

 

 

技構成

 

やつあたり

メインウェポン  

+6やつあたりで特化クレセリアが75%の高乱数1になるため捨て身タックルは火力過剰になると判断しこちらを選択した

一応腹を叩かなくてもガブリアスを高乱数2発にできるくらいの火力はある

 

じしん

やつあたりの通りにくい相手に打つ技

+6地震H振りナットレイが高乱数1(81.3%)になるため及第点の火力はあるといえる

この2ウェポンだとゲンガーに有効打が無くなるがカビゴン対面のゲンガーは大体メガ進化してくるため意外となんとかなった

 

カウンター

いわゆる地雷技ってやつ

対面で腹を叩けない高火力物理AT(ex.メガクチート・鉢巻カイリュー)に打つ

カウンターで相手を倒せばイバンを残しつつ後続と対面することができるため大きなアドバンテージを取ることができる

 

腹太鼓

(説明する必要が感じられ)ないです

叩く前にダメ計をしっかりやろう

 

 

運用

メチャクチャに対面性能が高いためとりあえず初手に出せば1匹倒してくれる

こいつに対面から勝てるポケモン

この2種類である(物理受け系統は腹太鼓イバンやつあたりで突破できる)が、前者は格闘技でしか不可能なため後続でどうとでもなるし後者はほとんど存在しない(多分)ため殴り合えばだいたい勝てるという寸法だ

筆者はメガサメ+1で22交換を取りこのカビゴンで詰めるという動きを高頻度で行っており、その成功率もかなり高かったため使うなら対面構築に組み込むのがオススメだ

 

 

最後に

なんで俺はサンムーン発売1週間前にカビゴンの考察をしているんだ…?

 

 

おしまい

【単体考察】みががむあくびカムラトゲキッス

f:id:packagex:20160921234249j:image

かなり自信作

 

トゲキッス@カムラのみ  天の恵み  臆病

エアスラ/あくび/身代わり/がむしゃら 

実数値  191(244)-×-116(20)-140-135-144(244)

 

H:16n-1

HB:特化メガガルの捨て身81.3%耐え

HD:特化化身ボルトロスの10万確定耐え

S:最速ホルード抜き

   カムラ発動後準速スカーフランド+2

 

有利対面で身代わりを貼り相手のキッス対策枠をあくびで流すor身代わり連打→カムラ発動→上からのがむしゃら+エアスラで処理することでキッスが動きやすい環境を自ら作り出す

 

またエアスラが通らない不利対面であってもこちらのSが速ければ身代わり連打→がむしゃらで相手のHPを削ることができる上、Sが抜かれていても上手くHPをカムラ圏内に入れることができればがむしゃら+エアスラで処理できる

 

通常のスカーフキッスはエアスラ耐性を持つポケモンを後出しすることでほぼ対処できるが、こいつに後出ししても身代わりから欠伸で耐性持ちポケを流すことができるため止めるのは至難の技である

 

あくびの枠はアンコールと選択

アンコールを入れれば

  • 身代わりで補助技透かし→アンコールで縛れる
  • 回復技に後出しして起点にできる

あくびを入れれば

  • ステロと合わせてあくびループができる
  • 有利対面を強引に作ることができる
  • 交代読み交代が決まりやすくなる

などの利点がある

自分のPTとよく相談して決めよう

 

何気に受けループにも強いので受けル対策に悩んでいる人はぜひ使ってみて下さい

 

おしまい

 

 

【s17使用構築】ペラハダーと愉快な地雷たち【最高R1888】

 

ペラハダーの語呂が絶望的に悪い

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回はs17シングルレートで使用した構築の紹介をします

 

【PTメンバー】

f:id:packagex:20160914103739p:image

強そう!

 

【単体解説】

f:id:packagex:20160914104654g:image

ぺラップ@襷  鋭い目  臆病CS

お喋り/爆音波/悪巧み/アンコール

 このPTのアイドル的存在

速そうなガルーラがいない時は初手に出して思考停止で喋ります
混乱を撒きつつメガサメハダーの噛み砕く圏内に入れるのがこの子の仕事ですが、たまに1匹で3タテすることもあるつよポケです
このPTの勝率はこの子の自覚にかかっています

オシャボ(ムンボ)+色違い+コンテストリボンをつけているためこの子を初手に出すことで相手トレーナーを対戦前から威圧することができます(?)

事実この子のお喋り後の相手自傷率は60%を超えているのでぺラップの自覚を高めたい人は国際孵化で色個体をツモってリボンを付けましょう(??)

 

 f:id:packagex:20160914104643j:image

メガサメハダー@石  意地AS

守る/身代わり/噛み砕く/道連れ

 このPTの主人公かつプチ地雷枠です

選出率は驚異の100%です!(≒メガサメを出さないと勝てない欠陥構築)

この型のメガサメハダーは守る+道連れで最低でも11交換は確実にできるため選出すれば最低限の仕事はしてくれました

ぺラップのお喋りで混乱させた後身代わりを連打する流れが相変わらず強く、相手のPTに悪半減がいない場合3タテすることもザラにありましたね

身代わりはサメ対面でよく飛んでくる鬼火や電磁波をスカせるだけでなく、c無振りスイクンの熱湯を身代わりが耐えるため火傷のリスクを減らして突破できたり、ゲンガーの道連れをスカすこともでき、しかも読まれにくいためメガサメとかなり相性の良い技だと思います

s8と比べると耐久振りボルト・ニンフィアクチートの増加によりかなり動き辛くなりましたが

それ込みでも本当に強かったです

 

f:id:packagex:20160914104623j:image

ジバコイル@眼鏡  控えめCS  頑丈

10万/ボルチェン/ラスカ/めざ氷

 プチ地雷枠&今回の反省枠です

ロトムクレセリアを上から叩くため準速にしましたが今期は最速ロトム(通称まトム)とHS瞑想クレセリアがかなり増えていたためs振りが無駄に働く場面が多かったです

sラインは大体のニンフィアを抜ける90程度に抑え余りを耐久に振ってボルトロスに後出しできる回数を増やすべきでした

しかし眼鏡+頑丈による対面性能の高さ、ボルチェンによる対面操作性能は相変わらず優秀でポテンシャルの高さを感じました

 

f:id:packagex:20160914104619p:image

ハリボー@輝石  図太いHB  防弾

宿り木/毒毒/光合成/怒りの前歯

 地雷枠&マスコット枠&煽り枠

このPTで重いメガクチートマリルリキノガッサを後出しから見られるポケモンを探していたところ大昔にローテ用に育ててボックスの肥やしになっていた輝石ハリボーグと目が合ってしまったため採用することにしました

しかしいざ試合に出してみるとメガクチートには剣の舞→じゃれつく連打で突破されマリルリには腹太鼓→じゃれつくで突破され、キノガッサには剣の舞×2→馬鹿力急所で突破されるなど役割対象であるはずのポケモンにボコボコにされてしまったため遂行速度の低い受けポケに人権がないことをひしひしと感じました

とは言ったものの怒りの前歯・宿り木とメガサメハダーの相性がとても良かったため期待していたよりかは活躍してくれましたね…

 

【〜R1800】

f:id:packagex:20160914104608p:image

ゴローニャ@弱点保険  頑丈  意地AS

地震/エッジ/馬鹿力/ロックカット 

 普通のゴローニャです

メガガルーラガブリアスボルトロスに対面から勝てるのが強いです

 

f:id:packagex:20160914104603j:image

ルチャブル@レッドカード

軽業  意地H244A252BDS4

クロバット/身代わり/アンコール/がむしゃら

みががむルチャブルです

私の脳内では大活躍してくれたのですがいざ使ってみると耐性と耐久種族値の低さのせいであまり活躍できませんでした  残念…

 

【R1800〜】

f:id:packagex:20160914104545j:image

グランブル@鉢巻  意地HA  威嚇

じゃれつく/インファ/エッジ/地震

 ルチャブルの代わりに入ってきたポケモンです

ローブシンメガガルーラカイリューが重かったためそれらに対面から勝てるポケモンとしてこの子を入れました

鉢巻インファでABガルーラを62.5%の乱数で倒せるため対面からなら大体のガルーラに勝てます

また威嚇込みで鉢巻カイリュー地震を確定3発に抑えることができるためじゃれつく連打でカイリューにも対面から勝つことが出来ます

この子はもっと流行るべき

 

f:id:packagex:20160914104536p:image

ボスゴドラ@イバンのみ  頑丈

やんちゃH76A252(HBDS個体値0)

メタバ/がむしゃら/電磁波/エッジ

 このPT最大の地雷枠です

ぺラップとハリボーグの近くにボスゴドラを配置することでサメハダーへの注意を逸らしボスゴドラがメガ枠であると思い込ませます

そして初手ボスゴドラ読みで出てきた高火力ATをメタバで倒し後続にイバンがむしゃらを当ててeasy winを狙います

イバンが発動しなくても最低限の仕事が出来るように電磁波を搭載しました

またHPの実数値を139にすることでスイクンを頑丈後のメタルバーストで倒せ、c無振りボルトロスボルトチェンジでもほぼ確実にイバンを発動させることが出来るようになりますが、HPを削ってしまったせいでH振りローブシンをメタバで倒し切ることが出来ずにそのまま負ける試合が3試合あったのでHPの実数値は143にするのが一番良さげです

 

こんな感じです

 

【最後に】

今期はシーズン8で使ってかなりのポテンシャルを感じたぺラップ+メガサメハダー+ジバコイルの並びを軸にして残りを地雷枠で固めたPTに仕上げてみました

ボルトロスとガルーラの増加という逆風はあったもののこの並びは今でもべらぼうに強かったです

ORASシーズンも終了したのでサンムーン発売までは腹太鼓ドーブル軸PTを煮詰めていきたいです

f:id:packagex:20160914103754j:image

ありがとうORAS!!

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【PT紹介】蟹ゴリラ【トリプル】

【はじめに】

 トリプルの構築記事を書くのは初めてなので変な所があっても温かい目で見てくださると嬉しいです(ーー;)

今回はs17トリプルレートで80戦程度使用し、最高レート1741最終レート1687だった構築を紹介します

 

【ptメンバー紹介】

f:id:packagex:20160908213431p:image

カブトプスカブトガニ≒蟹

 

 【構築概要】

ニョロトノで雨を降らせてとにかく上から高火力で相手を殲滅するptです

トリプルのブログでリザy+ヒヒダルマ+高火力軍団の圧倒的火力と追い風で相手を制圧する晴れパ(通称ゴリラパ)を見かけ、雨パでも同じことをやりたくなりました   また雨パはトリックルームを絡めたptが多く、純粋に上から攻撃しまくるptが少ないと感じたのもこの構築を組む大きなキッカケになりました

 

【構築経緯】

雨パということでニョロトノは確定、高速猫騙しとタイプ一致草水技を持つルンパッパも確定

高速雨パはニンフィアとトリパに弱いのでそれらを封殺できる封印メガサーナイトも確定です

その後雨下でのすいすい高速ATゴリラとしてカブトプス、追い風でs操作ができ剣の舞を積むことでゴリラになれるファイアロー、雨下珠アクジェで水弱点ポケ・珠叩きでトリラーを倒せるゴリラのシザリガーを採用することにしました

 

【PT詳細】

ニョロトノ@眼鏡  控えめHC

熱湯/冷凍/ドロポン/滅びの歌

ゴリラ①  眼鏡熱湯が強いです

調整がよくわからないのでぶっぱです

 

ルンパッパ@帯  控えめCS

猫騙し/熱湯/冷凍/エナボ

ゴリラとチンパンジーの境目くらいの火力です

高速猫騙しと一致草打点がすごく強かったです

調整がよくわからないのでぶっぱです

 

ファイアロー@嘴   意地HA

ブレバ/剣の舞/横取り/追い風

条件付ゴリラ➁

剣の舞を積んだ後の火力はシン・ゴリラって感じです

横取りが全然決まらなくて辛いです

調整がよくわからないので(ry

 

カブトプス@鉢巻  意地AS

岩雪崩/エッジ/馬鹿力/滝登り

ゴリラ③  素早いゴリラです

準速ルンパより早いのが本当に偉いです

調整がよく(ry

 

シザリガー@珠  意地AS

クラブハンマー/叩き/アクジェ/守る

ゴリラ④  アクジェが強いです

火力はあるのですがsと耐久が無いので上から殴られると大体死にます

イメージとしてはドラゴンボールのセル戦で筋肉ムキムキになったトランクスみたいな感じです(火力があるけど速さが無いということを言いたい

f:id:packagex:20160908230457j:imagef:id:packagex:20160908230501j:image

追い風下のこいつは本当に強いです

調整が(ry

 

メガサーナイト@石  

控えめH252B52C36D4S164

ハイボ/トリル/封印/守る

姫  かわいいです

この子のおかげで対純正トリパには結構勝てました

ハイボの威力も申し分なく、ハイボを半減する炎ポケをゴリラ達が倒してくれるので雨パとの相性はかなり良かったと思います  調整は

  • HBD→Hにぶっぱして余りBD
  • C→実数値11n
  • S→最速ドーブル+2  

って感じです  もう少しCに振っても良いかも?

 

【感想】

・この構築の良かったところ

  1. 交代をほぼしないから考えることが少ない
  2. 高火力のゴリ押しが楽しい
  3. 持ち物が火力UPアイテムしかない(?)

 

・悪かったところ

  1. 紙耐久の集まりだからサイクルが回せない
  2. トリル・追い風を貼られるとほぼ負け(紙耐久+拘り2体だから追い風ターンが稼げない)
  3. 状態異常対策が無いためドーブルが辛い

 

こんな感じです

次ptを組むとしたら高耐久スタンパか低レベルがむしゃらトリパを組みたいです

 

【最後に】

 

( ^o^)カブトプスのモデルはカブトガニ よってカブトプス=蟹  Q.E.D

( ˘⊖˘) 。o(待てよ、カブトガニって蟹じゃなくてクモやサソリの仲間じゃなかったか…?)

|wikipedia| ┗(☋` )┓三

( ◠‿◠ )☛気付いてしまったな、貴様にはこうらのカセキになってもらおう

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああああああああ

 

おしまい 

 

 

 

【単体考察】ABSメガサメハダー

どーもこんにちは  パッケージです

 今回はB振りメガサメハダーについて語ります

f:id:packagex:20160822225054j:image

 

型紹介

メガサメハダー@石  意地  加速→頑丈顎

技構成  守る/身代わり/噛み砕く/道連れ

実数値  145-209(236)-106(124)-×-85-144(148)

(メガ前s実数値134)

 

噛み砕くワンウェポンメガサメハダーの強みは http://packagex.hatenablog.com/entry/2016/04/17/120646を見て貰えばそれなりに分かると思うのでここではB振りの意図について説明します

 メガサメハダーは高いAとSを有してはいますが耐久はお世辞にも高いとは言えず、b無振りだと意地珠アローのブレバで高乱数1になる程度の耐久しかありません

一方この型のメガサメは「身代わりを絡めて出来るだけメガ進化を温存する」戦い方をすることが多いため加速が発動する機会が増え、その結果s振りが無駄になることが多くなりました

そこでsへの努力値を最低限に抑え、余った努力値を全てBに注ぎ込むことで対面性能がより高くなるのではないかと考えました

 

ダメ計

a特化珠アローのブレバ

■ダメ 121〜144 (83.4%〜99.3%)確:2発

a特化キノガッサのマッパ

■ダメ 128〜152 (88.2%〜104.8%)乱:1発(25%)

a特化ガブリアスの逆鱗

■ダメ 127〜151 (87.5%〜104.1%)乱:1発(25%)

a特化メガガルの不意打ち

■ダメ 42〜49 (28.9%〜33.7%)乱:3発

→身代わりが1発目の不意打ちを耐える

 

b振りで大きく動きが変わるポケモンが上の4体です

Bに振ったことでアローガブガッサ対面でも出落ちすることが減り相手に一撃を入れることができるようになりました

またメガガルがメガサメの噛み砕く圏内に入り相手の不意打ちが読めている時、不意打ち読み身代わりを打つことで次の不意打ち2発を身代わりが耐えるためより少ないHP消費で突破できます

他にもa182マンムーのじしん+氷の礫を確定耐えするので襷マンムーなんかにも勝てたりします

 

最後に

流石にsラインが低すぎる気がしないでもない

 

おしまい

 

 

【単体考察】ゴツメ草食バッフロン

f:id:packagex:20160814213558p:image

バッフロン  の  なみのり

というわけで今回はバッフロンの考察をします

 

型紹介

バッフロン@ゴツゴツメット

性格 意地っ張り  特性 草食

技構成  アフロブレイク/しっぺがえし/馬鹿力/剣の舞

実数値  195(196)-178(252)-123(60)-×-115-75

 

バッフロンについて

5世代で初登場した牛

ネタ感溢れる見た目とは裏腹に強力な特性(草食・防音・捨て身)と優秀な種族値(HBD95-A110)と専用技(アフロブレイク)を有する強力なポケモン

しかしメガガルーラの台頭により彼の姿をレートで見ることはほぼなくなった

 

技構成

アフロブレイク

メインウェポン  恩返しでは火力が足りない

 

しっぺがえし

ゲンガーとギルガルドに打つ技

この技スペは地震に変えたいがゲンガーへの打点がないのは致命的なのでしっぺを選択

 

馬鹿力

ナットレイ及び鋼タイプ・ガルーラに打つ技

リベンジはナットレイへの打点にならないため不採用

 

剣の舞

身代わりと剣の舞で迷ったが高耐久をゴリ押しで突破できる剣の舞を選択

主にジャローダナットレイ対面で打つ

 

運用

今回のメイン仮想敵はキノガッサ

未来予知ランクルスの記事でも書いたように中堅パはどうしてもガッサが重くなってしまう

そこでキノガッサの胞子・タネマシンガンを無効化できる草食ポケモンならガッサを完封できると考え、その中でも一番優秀な種族値を有するバッフロンを採用することにした

しかしキノガッサは襷が多いため草技読みの後出しをしたところでマッパ×2で処理されてしまう

もちろんキノガッサのマッパ×2耐え調整を施せば勝つことも可能だが、HBにほぼ特化する必要があるため火力が足りず対面性能を落とすことになる

そこで考えたのが今回のゴツメバッフロンである

ゴツメを持たせることでキノガッサのマッパを受けながら襷を削ることができ、返しのアフロブレイクで倒すことができるのだ

副産物としてH203メガガルーラをゴツメ×2+馬鹿力で倒せるようになったが、今のガルーラはB振りが多いため基本落ちないと思った方が良い

落ちたらラッキー!くらいの気持ちで打とう

もちろん草食バッフロン本来の役割対象であるジャローダナットレイエルフーンフシギバナにも(草技に後出しできれば)勝てる

ここらへんのポケモンが重いptにはぜひこのバッフロンを採用してほしい

 

ダメ計

A特化キノガッサのテクニマッパ

■ダメ 110〜132 (56.4%〜67.6%)確:2発

A特化メガガルの捨て身

■ダメ 160〜190 (82%〜97.4%)確:2発

C特化メガバナのヘドロ爆弾

■ダメ 84〜100 (43%〜51.2%)乱:2発(6.3%)

 

最後に

バッフロン図鑑がなかなか面白い

気になる人は検索しよう

 

おしまい