読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

トップページ

どーもこんにちは  パッケージです

このブログはマイオナ思考のポケ勢が面白そうだと思った戦法・PT・ポケモンをひたすら書き連ねる場所です

メガサメでググると結構上に出ます







【コラム】ポケモンに取り組む姿勢についての自分の主観

f:id:packagex:20170421195032j:image

プレゼンとかいう文化マジで滅びてほしい

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回はタイトル通りポケモンに取り組む姿勢についての自分の主観を述べたいと思います!

 

主張

結論から言うと自分は「高いレートを達成するために潜る」「結果を出す為に潜る」事に拘る人が多くなるという状況はあまり良くないと考えています

その理由は2つです!

 

理由

1.高いレートに拘りすぎることがポケモン対戦の魅力自体を削いでしまう事に繋がりかねないと考えているから

まずはこのリンクを見て下さい!

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/spv/0708/24/news005_2.html

この記事に書いてあるように外発的動機付けによる行動はその行動自体の魅力を見失う事に繋がります

レートに拘る風潮が強まるとポケモンを始めたばかりの人やそこそこ強い位の中級者の人の目標が高レート(ex.2000以上)を目指す事に一元化されてしまい「レートを上げなければいけない」「対戦はレートを得る為の手段である」という思考に陥る可能性があります

また良い結果を残すことができた人も「また良い結果を出して他人に認められたい」と考える可能性が高くなります

そうなると対戦をする理由が「レートを上げるため」「他人に認められるため」という外発的動機になり結果として対戦自体の楽しさを味わう妨げになると考えます

 

2.ポケモンの楽しみ方の多様性が欠如してしまうと考えているから

 

自分は普段余り見ないポケモンや技に道具・バカみたいな戦法・訳のわからないギミックを使うのが大大大好きで日々こういうのを研究しているのですが、正直このような楽しみ方をしている人は他の対戦ゲームと比べるとかなり少ないと感じます(見つけることが出来ていないだけかもしれませんが

その他にもポケモンには

  • 自分の嫁ポケと一緒にレートに行く
  • 拘りのPTでレートに潜る
  • フリーでのんびり遊ぶ
  • 自分達で作った特別ルールで戦う
  • オフ会でバトル!(行ったことないけど
  • 縛りプレイで◯勝目指す

…などなど対戦だけでも沢山の楽しみ方がありますが、高レートを目指すという人ばかりが増えると相対的に他の遊び方をする人が減り、結果としてこのような楽しみ方に出会う事・知る事が難しくなるでしょう

その結果他の遊び方なら楽しめるのにレートがつまんないからポケモン辞める…という人が出てくる事もあるかもしれません

そうならない為にもポケモンには色々な楽しみ方があり、レートはその一つに過ぎないという事をアピールする必要があると思います

 

まとめ

誤解されそうなので言っておきますが自分はレートという形式が嫌いで高レートを目指す人を斜に構えて見ている…というわけではありません!

むしろ結果を残してる人は滅茶苦茶尊敬してるしレートOO目指すぞ〜って言ってる人を見ると「うお〜頑張れよ〜応援するぞ〜٩( ᐛ )و」って思います

自分が言いたいのは「より多くの人がポケモンを楽しむためにはレート以外の所に目を向ける必要があるのではないか」という問題提起であり、他人のスタンスをDISる意図は一切ありませんのでそこら辺よろしくお願いします!

 

最後に

反論や意見があれば@Localpackageまで気軽に送って頂けるとありがたいです!

時間はかかるかもしれませんが絶対返します!

 

おしまい

 

 

 

【デッキレシピ】6Tに20/20の魔導の巨兵を出して相手を殴って勝つ巨兵OTKウィッチ【シャドバ】

f:id:packagex:20170404184453p:image

 これマジ?胴体に比べて顔面が貧弱すぎるだろ…

 

どーもこんにちは  パッケージです

今回は巨兵OTKウィッチの紹介をします

 

レシピ

f:id:packagex:20170404185732p:image

https://shadowverse-portal.com/deck/1.3.5-gkQ.5-gkQ.5-gkQ.66IXe.66IXe.66IXe.61NLI.61NLI.61NLI.5-f_Y.5-f_Y.5-f_Y.6A8t6.6A8t6.6A8t6.5-gka.5-gka.5-gka.62UtQ.62UtQ.62UtQ.62UOA.62UOA.62UOA.66IXo.66IXo.66IXo.62XKI.62UOU.62UOU.62UOU.62WqQ.62WqQ.62WqQ.62UOK.62UOK.62UOK.6E1uS.6E1uS.6E1uS

友達にこのデッキを見せたところ「理解出来ない」「ヤケクソやん」という最高の褒め言葉を頂きました

 

デッキコンセプト

  1. 5Tまでひたすらドローしながら盤面を取る
  2. 6tに進化を切って平均20/20の魔導の巨兵を出すf:id:packagex:20170404200824p:image
  3. 魔導の巨兵で顔面を殴る
  4. WIN!!✌︎('ω'✌︎ )٩( 'ω' )و (=^▽^)σ

 

マリガン

  • 先行

ドワーフサミー魔導の巨兵知恵の光キープ

  • 後攻

先行のやつ虹の輝きキープ

 

立ち回りのコツ

こちらの方が楽なので箇条書きで書きます

  • 基本的に土は出さずにドロースペル&フォロワーを使って5tまでやり過ごすこと
  • 後攻を取った場合ドローだけしていると手札が絶対に1枚溢れるので適当なタイミングで1枚だけ土を使っておこう
  • 顔面は殴らずにコントロールに徹すること
  • 進化権はなるべく使わない
  • ドワーフアルケミスト進化で変性の魔術が確定サーチできることを覚えておこう
  • ビショップには99%勝てないためマッチング段階で避ける技術を身につけよう!

 

Q&A

Q.メルヴィいらんの?
A.必要無い
このデッキの勝利パターンは「7t巨兵殴り」しか無いためそもそも7t以降はドローする必要がないのだ

 

Q.勝率教えろよゴルァ!

A.フリマで50%以上60%未満
ビショップの数が減ればその分勝率が上がる

 

Q.何でこんなデッキ作ろうと思ったんだ…

A.シャドバのリーダーの体力は20しか無いため攻撃力20以上のフォロワーで顔面を殴ればゲームに勝てるという簡単な事実に気づいたから

 

Q.魔導の巨兵引けなかったら負けやん

A.ドロースペルが大量にある+6tまでに1枚引けばいいため大体の試合で引けるハズ…だと思いたい

 

最後に

安定して平均スタッツ20/20の巨兵を出すことができ巨兵以外はレアリティの高いカードが全く無いため巨兵OTKに興味のある人は是非使ってみてください!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

おしまい

 

 

 

【単体考察】ぎゃくじょうマゴのみジジーロン

f:id:packagex:20170310100303j:image

「マゴ」の実を食べて体力を回復して逆上するジジーロンサイコパスっぽくて妄想が捗る

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回はぎゃくじょうマゴのみジジーロンを紹介します

 

ジジーロン@マゴのみ  控えめ  ぎゃくじょう

実数値  184(244)-×-106(4)-205(252)-112(4)-57(4)

ハイパーボイス/火炎放射/流星群/身代わり

調整:半回復きのみ使うからH実数値4n 残りHC

 

開発経緯

Twitterで身代わり+体力半回復実を使ったギミックに可能性があるという話を聞き様々なポケに身代わり+半回復実を持たせて試運転していたところ逆上ジジーロンとこのギミックの相性が

  • 最初の攻撃を耐えることが出来ればぎゃくじょう発動から後攻身代わりを打つことでほぼ確実にcを2段階上げることが出来る

ため物凄く相性が良いことに気づいた

技構成は前述したコンボを決めるための身代わりは確定としてタイプ一致技のハイパーボイスハイパーボイスの通らない鋼勢に刺さる火炎放射、瞬間的に高火力を出せる流星群を選択した

まあそんな感じ

 

運用

  1. とりあえず逆上が2回発動するまで身代わりを打つ
  2. c特化135属のc2段階上昇攻撃を相手にぶちこむ
  3. つよい!\\٩( 'ω' )و ////

 

感想

そんなに強くない

まあ確かに逆上が2回発動した状態で攻撃出来れば大抵の相手は死ぬけどsが遅いせいで後続に全く干渉できないから結局上手くいっても11交換で終わってしまうのがかなり辛かった

さらに襷持ちやミミッキュにも勝てず不意のz技にも抵抗することが出来ないので

  • 逆上が成功しても11交換が限度
  • 失敗すれば即負け

となってしまい選出するリスクとリターンの釣り合いが取れなくなっているように感じた

しかしジジーロン単体の型としてはトップクラスのポテンシャルを持っていると感じたためジジーロンを使ってみたい人には普通にオススメできると思う

 

最後に

ジジーロンのメスってそれもうジジーロンじゃなくてババーロンじゃね?

 

おしまい 

 

 

 

【戦法考察?】選出のマニュアル化【完全机上論】

f:id:packagex:20170217134933j:image

運転免許でマニュアル取った勢だからマニュアルって聞くとトラックしか思い浮かばない

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回は選出が難しすぎて強いPTを使いこなせない自分が愚痴半分妄想半分で書いた記事です

 

机上論&愚痴が多分に含まれますのでそれらが嫌いな方はブラウザバックをお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故選出をマニュアル化するの?

選出が難しすぎて訳が分からないからです!!!!!

今は「s○ レート○位」とか「s○ レートOOOO」とかのレート関係のワードでggったりぽけっとふぁんくしょんの上位構築まとめを見たりすれば強い構築がいくらでもゴロゴロ転がってる訳じゃないですか

じゃあ強者のPT使って対戦しよ〜つって強者のPTのQRコードを使ったり自分で育成したりして使ってみるんですけど何を選出すれば良いのかが全然分からないから適当に選出して普通に負けてしまうのです

それなら構築記事の立ち回り選出欄見ながらバトルしろよって言う人もいると思うんですけど自分のPTの立ち回りと選出について詳しく解説してる記事ってめっちゃ少なくてあっても「OOが刺さっている場合はOOを出してそれ以外の場合は裏選出にする」みたいな抽象的な解説が多くてよく分かりません

そのPTを使ったことが無い自分からすると「刺さるって何?ptに誰と誰と誰が入っていればそのポケモンが刺さっているかすら俺には分かんねえんだよチクショー」って思ってしまいます

初心者でも構築製作者と同じ選出が出来るようなマニュアルを作ることができればこのような事態を減らせると考えました

 

なるほど、方法は?

 

2つの方法を考えています

 

1つ目は「並びを抜き出して選出を決める」です

などのレートでよく見る並びを片っ端から抜き出していきそれらに出すべき選出を決めるという方法です

これでPTをPCに全て入力すれば並びだけを抜き出してその並びに相応しい選出を決めてくれるって寸法です

この方法には

  • マニュアル製作者の負担が比較的少ない

というメリットがありますが

  • 「並び」を網羅しきれない
  • 「並び」以外のポケモンを対処しきれない

というデメリットがあります

 

2つ目は「大量のデータを取る」です

PT画像を大量に用意しその画像のPTに対しての選出のデータを取り

  1. OO入りのPTにはxxが出やすい
  2. OOがいる時にはxxを選出しない

などの傾向をPCに分析させPCに理想の選出を行ってもらうという方法です

これもPTをPCに全て入力すれば自動的に理想の選出を決めてくれます

この方法には

  • おそらくかなり正確

というメリットがありますが

  • 理想の選出を導き出すための計算式を作るのがとんでもなく難しそう
  • データを大量に取る必要があるためマニュアル製作者の負担が大きい

というデメリットがあります

 

他に良さげな方法があれば是非教えて下さいorz

 

最後に

選出をマニュアル化する」というのは結構良いアイデアだと思ったのですがいかんせんテーマが大きすぎるため自分には扱いきれませんでした

レート強者やPC自信ニキにもっとこのアイデアを詰めてほしいです(他力本願

構築記事の選出や立ち回りの欄について考える機会になってくれたら嬉しいです

 

おしまい

 

【デッキレシピ】6T冥府or6Tデスタイラント⁉︎ 冥府宴タイラントアグロネクロ【シャドバ】

f:id:packagex:20170210212545j:image

 デスタイラント is GOD!

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回は冥府宴タイラントアグロネクロの紹介をします

 

レシピ

f:id:packagex:20170210211506p:image

https://shadowverse-portal.com/deck/1.5.5zWm2.5zWm2.5zWm2.63E_G.63E_G.63E_G.63FiQ.63FiQ.63FiQ.68_dc.68_dc.68_dc.5_QqY.5_QqY.5_QqY.63Ezi.63Ezi.63Ezi.6736Y.6736Y.6736Y.6736i.6736i.6736i.6737K.6737K.6737K.678US.678US.678US.6923Y.6923Y.6923Y.61Q1A.61Q1A.63MII.63MII.63JsW.63JsW.63JsW

結構綺麗に纏まったと思います

 

このデッキの勝ち筋

  • 顔面を低コストフォロワーで5点削っておき宴→デスタイラントの15点パンチ🤜で勝つ【アグロデスタイラントルート】✌︎('ω'✌︎ )
  • 冥府👿と宴×2を揃えて冥府👿を置いた後に宴×2を置いて冥府👿を発動させて盤面を空にしてからデスタイラントで勝つ【冥府デスタイラントルート】✌︎('ω'✌︎ )

 

主な勝ち方はこの二つです。他には盤面にフォロワーを並べてフェイス😃を殴ってそのまま押し切る【純正アグロルート】✌︎('ω'✌︎ )なんかもありますが、ここでは省略しています。まずはとにかく二つの勝ちパターンがあることを認識しましょう。

 

マリガン

  • キープするべきカード
  1. ウリエル
  2. 死霊の宴
  3. ゴブリン・スカルビースト

 

  1. 冥府への道
  2. スカルウィドウ
  3. ソウルコンバージョン

 

  • アグロ相手のみキープしたいカード
  1. デスタイラント

 

  • 先行のみキープしたいカード
  1. 2コストフォロワー

 

こんな感じでやっています。正直マリガンは本当に難しいので、どんなのがいいのかな~とか考えながら微調整してください。僕もまだその段階です。

 

対戦相手のクラス別の勝ち方

対戦相手のクラス別に、上に書いた二つのパターンのうちどちらを選択するべきかを以下に書きました。1が【アグロデスタイラントルート】、2が【冥府デスタイラントルート】です。

 

もちろん手札によってそうならないこともままあるので、「この相手の時はこれを狙いたい」くらいのテンションで覚えてください。

 

エルフ→1

ロイヤル→2>1

ウィッチ→1

ドラゴン→2>1

ネクロマンサー→1>2

ヴァンパイア→1>2

ビショップ→2

 

要するにコントロール相手には2を、コンボ・アグロ相手には1を狙っていきたいという事ですね。

 

これがわかると何が変わるかと言えば、カードの使い方が変わります。例えば2の冥府デスタイラントルートを目指す場合には、自分のフォロワーは対戦相手のフォロワーを処理するために使って大丈夫です。

 

1のアグロデスタイラントルートを狙う場合には、体力が15になるまで自分のフォロワーを相手のフェイスに突っ込ませましょう。そうしないとデスタイラントを出せても勝てませんからね。

 

まとめ

  • アグロ・コンボ相手には【アグロデスタイラントルート】、コントロール相手には【冥府デスタイラントルート】を取り、マリガンやプレイングを適宜変えていく✌︎('ω'✌︎ )

 

少し長くなってしまいましたが言いたい事はこれだけです!初めは使い慣れなくて苦戦するかもしれませんが、慣れてくれば安定(?)して冥府への道&デスタイラントを発動させる事が出来るので病みつきになること間違いなし!レジェンドもケルベロス×2のみであまり高くないため、今使ってるデッキに飽きた・ヤバいデッキを使いたい人は是非使って見て下さい!

 

それでは皆様、良いシャドバライフを!

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【デッキレシピ】ラストワード宴デスタイラントネクロ【シャドバ】

f:id:packagex:20170113171320j:image

デッキ名が長すぎる

 

どーもこんにちは  パッケージです

 

今回はラストワード宴デスタイラントネクロの紹介をします

 

レシピ

f:id:packagex:20170113171433p:image

https://shadowverse-portal.com/deck/1.5.63FiQ.63FiQ.61NLI.61NLI.61NLI.63Ezi.63Ezi.63Ezi.6Avi6.6Avi6.6Avi6.6737K.6737K.6737K.6AtGA.6AtGA.6AtGA.63Fiu.63Fiu.63Fiu.678US.678US.678US.61PnY.61PnY.61PnY.6Avhy.6Avhy.6Avhy.61NLm.61NLm.63MII.63MII.63MII.63JsW.63JsW.63JsW.63KbE.63KbE.63KbE

2コス帯がメチャクチャ弱そう

 

デッキコンセプト

  1. 序中盤は大量のラストワード持ちと守護を利用して盤面を取りながらドローする
  2. 終盤(9t)までに宴とタイラントを揃えて9tに宴とタイラントを同時に出して顔面に13点パンチ🤜をぶち込んで勝つ✌︎('ω'✌︎ )

 

カード採用理由

(長いので飛ばしても大丈夫です)

 

  • コスト1

1コスで2ドローでき能動的にラスワを活用できるソウルコンバージョンを採用

使い所が難しく手札で腐るケースが結構多かったので2枚にとどめた

正直カルビーストも入れたかったがこいつを入れるとマリガン時にキープしてしまい2コスを出せる確率が減ると判断したため入れるのをやめた

 

  • コスト2

2コスラストワード3人衆であるところのスカルウィドウ・ベルエンジェル・よろめく不死者を採用

2コス2/2を一枚も採用しないことに違和感を感じる人もいるかもしれないが、このデッキの低コストフォロワーはソウルコンバージョンと後述するウルズ・ネクロアサシン・汚れた再生・GMDに殺されまくるため低いスタッツであるデメリットよりラストワードを活用できるメリットの方が上回る

そのためスタッツを捨ててありったけのラストワード持ちをかき集めた

 

  • コスト3

闇の従者・汚れた再生・スパルトイソルジャー・死霊の宴を採用した

闇の従者は味方殺し勢との相性がとんでもなく良いので3枚採用 

汚れた再生は3tに2コスを破壊する動きが強いのと墓地を手軽に肥やせるため3枚採用

スパルトイソルジャーボーンキマイラカイザなどと変えるか、2枚にするか3枚にするかなどとかなり悩んだ枠だが

  • ボーンキマイラはラストワードが弱い
  • カイザはキャロットを出すヒマがない
  • こいつを2枚にすると事故が増える
  • こいつを3tに出せば大体6tに死の祝福を守護付きで打つことができる
  • 守護がシンプルに強い

という理由で3枚採用することにした

死霊の宴は説明不要の3枚採用

腐の嵐を入れようとも思ったがアグロ・テンポにはネクロマンスが足りなくて刺さらないしミッドレンジにはネクロアサシンとよろめく不死者でそれなりに対処できたため手札で腐る場面が多くなり気付いたらデッキから抜けていた

 

  • コスト4

味方殺しに定評のあるウルズネクロアサシンを採用することにした

両方ともラストワード持ちとの相性が良く場面を選ばず使えるため余裕の3枚採用

ネクロの4コス帯には悪戯なネクロマンサー地獄の解放者が入ることが多いが前者は進化しないと弱く後者は出した時に盤面に干渉できないのが辛いためどちらも不採用

ファントムハウルも入れたかったが墓地が減るのがマジで辛いので不採用

 

  • コスト5

GMD2枚にケルベロス3枚採用

ケルベロスはメチャクチャ強いので3枚

GMDもメチャクチャ強いのだが場面を選ぶのとデッキのワクが足りないので渋々2枚採用

右手に自信のある人は死霊の宴を2枚にしてGMDを三枚入れてもいいと思う

 

  • コスト6

死の祝福デスタイラントを採用

死の祝福は最強の時間稼ぎカードであり、墓地の消費も少なくて済むため3枚採用

デスタイラントは説明不要の3枚採用

 

  • コスト7以降

カムラ蝿の王を入れようとも思ったがこのデッキには死霊の宴デスタイラントという汎用性のカケラもないカードが6枚入っているため、これ以上高コストを入れると事故ると判断し入れないことにした 

 

蝿の王はこのデッキとの相性がかなり良いため右手に自信のある人はスパルトイソルジャー死霊の宴デスタイラントを抜いて入れてみるのも良いだろう

 

マリガン

2コスフォロワー以外全マリガンです

 

相性

普通のラストワードネクロと殆ど同じです

9tがフィニッシュターンになることが多いのででセラフや冥府には多少強くなったのかな〜って感じ

 

最後に

ラストワード宴デスタイラントの記事がどこにも無かったのでとりあえず書きました

結構な頻度でデスタイラントを出せてテンションが上がるので興味があれば是非使ってみてください

 

おしまい