メガサメ狂の戦闘日誌

奇形ポケモンをひたすら考えるブログ

トップページ

どーもこんにちは  パッケージです

このブログはマイオナ思考のポケ勢が面白そうだと思った戦法・PT・ポケモンをひたすら書き連ねる場所です

メガサメでググると結構上に出ます







【雑コラム】「頼むから強キャラ・強カードを使ってくれ」を読んで考えた事

 

ドーモコンニチハ パッケージデス

今回はこの記事を読んで考えた事を雑に書いていきます

 

記事の要旨

  • 初心者は「メジャーな物は使いたくない」「個性を出して物事に取り組みたい」という気持ちから弱いキャラを使いがち⇒勝てなくなりがち
  • 勝つ快感はゲームを続ける大きな原動力になるため、勝てなくてやめたくなっている初心者は強キャラを使って勝つ快感を覚えよう!

 

筆者のスタンス

  • 理屈⇒完全に同意 
  • 強いPTを使って勝ちまくる方が楽しいだろうし強いPTで立ち回りや選出云々のポイントを覚える方が本人にとっても大きなプラスになる 
  • この記事はあくまで辞めたくなっている初心者に強いPTの利用を勧めているだけであり、初心者全員に強いPTの利用を勧めているわけではない

 

  •  感覚⇒反対
  • なんかヤダ
  • なんかめっちゃヤダ
  • すっごいヤダ(駄々っ子かな?)

理屈と感覚の間に大きなずれがある 何故?

 

  • 自分が好きなキャラを使いたいけど勝てないって人に強いキャラを使わせて勝ったところでそれはモチベの上昇につながるのか?むしろ自分が好きなキャラが使えない分ストレスがたまるのではないか?

 

  • 選択肢は本当に「強いキャラを使って勝つ」「弱いキャラを使って負ける」しかないのか?TCG・格ゲーならそうかもしれないがポケモンならその中間の選択肢を取れるのではないか?

 

  • 勝負を重視したデザインである格ゲー・TCGとは違い、ポケモンは勝負よりキャラクターを重視したデザインである(個人の意見) 

 

  • 初心者も必然的に「特定のキャラを活躍させるのが目的」という人が多くなるため、この記事が目標とする「強キャラを使って勝負の楽しさを知ってもらう」をそのままポケモンに当てはめるのは難しいのではないか?

 

(上の意見は本記事を批判しているわけではなく、あくまでポケモンに上の方法を適用する際に生じるであろう不具合について予想しているだけである)

 

考察

 

  • 理屈が自分の戦闘民族の部分
  • 感覚が自分のマイオナの部分

ではないか?

⇒マイオナの原点は「マイナーを使いたい」であるため、理屈では説明できない

 

  • ポケモンはTCGや格ゲーにはない要素を多く含んでおり、プレイヤーの特徴も全く異なる これを踏まえたうえで「自分の好きなキャラで勝てなくてやめたくなっている初心者」へのアドバイスを考えるべきではないか?

 

提案

  •  ポケモンは勝負よりキャラクターを重視したデザインであるため、格ゲーやTCGより「どの程度勝ちたいのか」「どの程度自分の好きなキャラを使いたいのか」が人によって大きく分かれてくるはず!(初心者ならなおさら)

⇒「目標レート」と「好きなポケモン」の2つの尺度を使って自分のスタンスをもう一度見つめ直してみよう!

f:id:packagex:20180415223055j:image

↑こんな感じの表にすると分かりやすいカモ?

 

この表にのっとって考えると

  1. 好きなポケモンで勝ちたい「好エンジョイ勢」
  2. 好きなポケモンで上を目指したい「好ガチ勢」
  3. 強いポケモンで勝ちたい「強エンジョイ勢」
  4. 強いポケモンで上を目指したい「強ガチ勢」

となる(あくまで目安)

今回のメインターゲットである①②を掘り下げると

f:id:packagex:20180415223115j:image

といった感じになる…タブンネ

 

  • 「自分の好きなポケモンで勝てなくてやめたくなっている初心者」は自分の位置をこの表でもう一度客観視して、スタンスを少しずつ「ズラす」ことを考えてみよう!

具体例

  • 「自分の好きなポケモンだけ使いたい(/・ω・)/」⇒「1体くらいなら強いポケモン入れてみてもいいカモ('ω')…?」
  • 「好きなポケモンだけだと勝てない( ;∀;)もっと勝ちたい!」⇒「俺は相棒さえいれば大丈夫!他の面子を強ポケで固めて高レート目指す('ω')ノ」
  • 「好きなポケモンとレート2000乗りたいけど全然ダメ(+_+)」⇒「目標が高すぎたのかな?とりあえず1700目指して頑張ろう(*^^)v」
  • 自分の心情に合った目標にすることが重要!

 

  • 自分が立てた目標を達成できたら目標を少しづつ上げていく…を繰り返すことで自分が「ズラす」前の目標にも到達できるかも!

 

結論

  • 自分のスタンスを見直そう!
  • スタンスと実力に合わせた目標を立てよう!

 

最後に

眠い…

 

おしまい

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

サムネ用(画像が滅茶苦茶長くなってしまった)

 

 

 

 

 

【単体考察?】前期試したポケモン【供養】

どーもこんにちは パッケージです。

今回は前期使用構築の最終形にたどり着くまでに試したポケモンの紹介をします。

かなり雑に書くので肩の力を抜いて見てください。

 

 

1.エンペルト@襷 控えめCS

ドロポン/凍える風/ステロ/あくび

ヒヤッキー枠に入ってたやつ。凍える風によるS操作性能、激流ドロポンの火力、ステロあくびによる起点づくり性能共に申し分なかったのだがドロポンを外しまくるのでリストラ。波乗りにしたかったのだが火力が足りなくなるので無理。

 

 

2.Lv1トゲデマル@貝殻の鈴

蜻蛉/毒/がむしゃら/猫

ヒヒダルマ枠に入ってたやつ。鈴を持たせることでステロを撒かれても猫を打って頑丈を復活させたり後出しゴツメによる頑丈潰しを咎めたりできる。

削り性能もものすごく高かったのだがゴーストと連続技持ちに何もできないのでリストラ。かなり気に入っているのでいつか他のPTで使いたい。

 

 

3.オオスバメ@襷 おっとりACベース最脆

爆音波/電光石火/熱風/我武者羅

ヒヤッキー枠に入っていたやつ。対面性能の高さと肝っ玉がむしゃらによる削り性能、爆音波の火力は光るものがあったが起点妨害性能が低すぎたため不採用。ふっつーに強いのでよければ使ってみてほしい。

 

 

4.メガジュペッタ@石 意地HDベース

シャドクロ/影撃ち/挑発/道連れ

ヒヒダルマ枠に入っていたやつ。構築記事本文にも書いた通りミミッキュが辛すぎるのとメガサメと役割が被るので不採用。唯一無二の性能を持っているので何とか生かせる構築を作りたい。

 

 

5.バスラオ@襷 おっとりCS 最脆 適応力

波乗り/アクジェ/命がけ/我武者羅

ヒヤッキー枠に入っていたやつ。H個体値0のバスラオのH実数値は130であるため命がけを打っても半回復実を持っていることが多いナットレイカプ・レヒレの混乱実圏内に入らないのが強そうだと思った。あとがむしゃら+先制技を持っていてメインウェポンに適応力が乗るのも単純に偉い。ヒヤッキーのほうがどう考えても強いので不採用。

 

 

6.ムウマージ@マゴ 臆病HB 

凍える風/挑発/道連れ/呪い

ヒヤッキー枠に入っていたやつ。挑発+凍える風+道連れで目の前の相手を絶対に刈り取る。

ミミzとゲコの水zをいい感じに耐えてマゴで回復することで先制技圏外に逃げる動きが強そうだと思いマゴを持たせた。

実践ではミミッキュが剣の舞積んできたりゲッコウガが初手身代わりから入ってきたりと想定した動きが全然決まらなかったので不採用。

可能性はかなり感じたのでもっと煮詰めたい。

 

 

7.ジーランス@ミズz 頑丈  意地AS

アクテ/岩石封じ/ステルスロック/欠伸

ヒヒダルマ枠に入っていたやつ。ステロあくび・頑丈&水zによる対面性能の高さ・ミミッキュのじゃれz+影打ちを耐える物理耐久を兼ね備えたハイスペックポケモンz枠をドンファンに割かざるを得なかったため今回の構築では採用できなかったが、起点作りポケの性能としては目を見張るものがあるためいつか積み寄りの対面構築で使ってみたい。

 

 

8.バクオング@襷 肝っ玉 控えめCS

爆音波/大文字/凍える風/がむしゃら

ヒヤッキー枠に入っていたやつ。凍える風によるs操作・肝っ玉我武者羅・火力と一貫性があるメインウェポンといった自分が襷枠に欲しい要素を兼ね備えているいぶし銀ポケモン。もともとは最脆で運用するつもりだったが最脆バクオングがめちゃくちゃ硬かったせいで我武者羅で相手に負荷をかけられない事案がたびたび発生したためしぶしぶ普通の性格・努力値にした。その結果他の襷ATのほぼ劣化になってしまったため泣く泣くリストラ。バクオングの耐久種族値があと100程度低ければヒヤッキーを押しのけてptメンバー入りしていたと思う。

 

 

9.ゴウカザル@襷 おっとりAC 最脆

フレドラ/めざ氷/フェイント/がむしゃら

ヒヒダルマ枠に入っていたやつ。がむしゃら+フェイントが使える・めざ氷+フェイントで襷ランドロスに勝てる・猛火フレドラの火力の高さにほれ込んで採用。普通に強かったがヒヤッキーとの壮絶な襷取り合いバトルに負けてしまったためしぶしぶ不採用。かなり気に入ってるのでいつか活躍させたい。

 

 

こんなところですかね。他にも何体か試したポケモンはいたのですがテンプレなので割愛します。

まあこんな経路があってヒヤッキーヒヒダルマを採用した訳です。こんな激しい競争の中襷枠として選ばれたヒヤッキーはやはり最強ですね。

今期も色々なポケモンを開拓したいもんです。

 

おしまい

 

 

 

f:id:packagex:20180321225641p:image

サムネ用

 

 

 

 

 

【S8】持たざる者達の慟哭【最高2003最終1969】

f:id:packagex:20180313020126p:image

ヒヤッキー最強!

 

 

どーもこんにちは パッケージです。

今回はS8で使用した構築の紹介をします。

運ゲ要素が多いため苦手な方はブラウザバック推奨です。運ゲが得意って人がいるのかはよく分からんが。

ちなみに構築名に特に意味はないです。語感の良さ252振りって感じ。ゴカン トテモ ダイジ。

それではどうぞ~ 

 

 

構築

f:id:packagex:20180313020210j:image

こんな感じ。不穏の塊である。

身代わり持ちが5体、がむしゃら持ちが4体いるのが特徴。みががむ持ちも3体いる。

 

 

構築経緯

相棒のから構築スタート。

自分が考えるの一番の魅力は加速+道連れによる11交換性能であるため、この性能を最大限生かせるPT⇒対面構築を組むことにした。

  1. 先発で削ってで突破
  2. 2番手をで道連れ
  3. 3番手勝負に持ち込む

この流れが決まれば大体勝てるため、この流れを全てのPTに行う事を最終目標とした。

3番手の枠に頑丈+高火力z+我武者羅+先制技を持つ地面zを採用。でない理由は火力・耐久の差と我武者羅の有無。

先発の枠に加速+我武者羅で多くのポケを削れ、が辛い対策になる毒菱が使え、運次第で対面不利を逆転できる光の粉を採用。

Therian Formeなどの起点作りマンに弱いため、そいつらに対抗できるを採用。前前期ヒヤッキーを分身バトンエースに据えて結果を残した構築(http://blog.livedoor.jp/romaika/archives/20057406.html)があったおかげでの並びが分身バトンに見えるのもよき。

上の4体だと受けルに勝てないため、受けルをボコれる食べ残しを採用。受けル絶対殺すマンは他にもいるが汎用性・単体性能の高さではこいつが群を抜いていると考えた。

最後の枠にはを入れてを見ていたが今期のと一緒に入っていることが多く、に弱いを選出できないことが多かったのでリストラ。代わりに上の面子が辛かった+鋼の並びに対抗できる呑気のお香を採用。構築完成。

 

 

個別解説

先発枠⇒⇒3枠目の順に紹介。

 

 

ヒヤッキー@襷 激流

実数値 151(4)-92-83-150(252)-83-168(252)

技構成 波乗り/凍える風/我武者羅/挑発

調整 特になし

 

想像の114514倍強かったポケモン激流f:id:ponz_poke:20160915213522p:plainとの唯一にして最大の差別化点は我武者羅だがこいつがとんでもなく強く、受け出しされるf:id:ponz_poke:20160915223211p:plainf:id:ponz_poke:20171006175155p:plainf:id:ponz_poke:20171012163023p:plainを我武者羅でガッツリ削ってに繋げることができた。対面性能も襷+激流のおかげでそこそこ高いのが偉い。襷激流f:id:ponz_poke:20160915213522p:plain使ってる輩は今すぐこいつに乗り換えよう。強いよ。

 

 

ペンドラー光の粉 加速

実数値 167(252)-126(44)-110(4)-67-90(4)-173(204)
技構成 毒突き/身代わり/我武者羅/毒菱
調整 S:最速f:id:ponz_poke:20170503125324p:plain抜き
 
闇。有利対面は普通に動いて不利対面は身代わり連打で運勝ちを狙っていく。相手が粉持ちに5連続で攻撃を当てられる確率は59%十分狙う価値のある数字である。あと地味~に先発に出てきやすいf:id:ponz_poke:20171006172605p:plainf:id:ponz_poke:20171020182429p:plainf:id:ponz_poke:20171008160842p:plainに強いのが偉かった。毒菱は裏の面子に刺さるかどうかをしっかり見極めて撒こう。
 
 
 
ヒヒダルマ呑気のお香 ちからづく
実数値 183(20)-189(228)-76(4)-45-76(4)-161(252)
技構成 フレドラ/身代わり/我武者羅/影分身
調整 とくになし
 
分身ダルマ。本構築一番の闇。相手が粉持ちに5連続で攻撃を当てられる確率は59%(二度目)。サブを捨てて影分身を入れた理由は有利対面⇒フレドラ受け交代へのアドの最大化である。有利対面で身代わりを打って上から影分身を積んだ場合相手の攻撃が5連続で当たる確率は14%であるため、身代わり+我武者羅を絡めることで相手のフレドラ受けを有利な確率で突破できる。
動きとしてはこんな感じになる。
  • 相手の攻撃が外れるまで身代わり
  • 外した場合HPが多く残っていれば影分身、少なければ我武者羅
  • フレドラ圏内に入ったらフレドラぶっぱ

サブが欲しい場面より分身が欲しい場面のほうが多かったので、この選択は正解だったといえる。

自分よりsが低い奴にはめっぽう強い反面、上からの攻撃には無力なので選出するときは慎重に。

 

 

メガサメハダー@石 加速⇒頑丈顎

実数値 145-211(252)-90-117-86(4)-157(252)

技構成 噛み砕く/守る/身代わり/道連れ

調整 とくになし

 

相棒。こいつがいなきゃ始まらない。

けど普通の型なので説明することもない。そんな枠。

毒菱とまもみがのシナジーがやばかった。

f:id:ponz_poke:20171006172605p:plain対面は初手メガ道連れが安定択だからそこだけは徹底すること。

s↑積み技持ちは全人類守る読みで積んでくるから身代わり⇒守るを徹底しよう。

そんなところかな。

フェアリー環境が続いてf:id:ponz_poke:20171012164010p:plainは結構厳しいって言われてて悲しい。

8世代エスパー環境にならんかな。

 

 

ビビヨン@食べ残し 複眼

実数値 161(44)-51-70-137(212)-70-155(252)

技構成 暴風/身代わり/蝶の舞/眠り粉

調整 H:16n+1   Sぶっぱ あまりC

 

受けループ絶対殺すマン。ついでにf:id:ponz_poke:20171006175155p:plainf:id:ponz_poke:20171008160842p:plainf:id:ponz_poke:20171006172605p:plainf:id:ponz_poke:20171020182429p:plainf:id:ponz_poke:20171008162017p:plainf:id:ponz_poke:20160915205638p:plain辺りがいない構築も殺す。

テンプレなので特に言うことがない。

c振りのおかげで勝った試合が山ほどあったので刺さってる構築だけに出すなら絶対csのほうが強い。

ダメ計を駆使して眠り粉を打つ回数をできるだけ減らそう。所詮は97.5%だからね。100%じゃない。

暴風は3割混乱なのでできるだけ数多く打つことが大事。ppと要相談。

最初はバタフリー入れようとしてたんだけど火力とsラインの差で不採用。かなc。

そんなところかな。

って害悪に分類されるのかな(自分は含まれると考える人考えない人が半々くらいだと思っている)(言い回しがややこしい)。

f:id:ponz_poke:20171008163056p:plain並にヘイト高かったら使用自粛したみ。

 

 

ドンファン@地面z 頑丈   個体値D抜け

実数値 169(28)-188(244)-170(236)-72-71-70
技構成 地震/身代わり/我武者羅/氷の礫
調整 f:id:ponz_poke:20171006172605p:plainのじゃれz+じゃれ高乱数耐え
 
Dラインの最適値が分からなかったから71にした。
三匹目のみががむマン。みががむ強いからね、しょうがないね。みががむ大好き。
前二匹の身代わりが相手の攻撃を受けて試行回数を稼ぐ用途であるのに対して、この身代わりはHP調整のためのもの。これを入れることで本来であれば絶対に勝てないf:id:ponz_poke:20170503125324p:plainf:id:ponz_poke:20171006180100p:plainに対して初手身代わりから入って自分のHPを我武者羅+氷の礫で縛れるレベルまで削る事でワンチャン作れる。またf:id:ponz_poke:20171012164128p:plainf:id:ponz_poke:20170321152654p:plainの欠伸・f:id:ponz_poke:20160915210327p:plainヤドリギをすかせるのがとても偉く、ステロあくびループをこいつで抜け出すといった立ち回りも出来る。身代わりのおかげで勝てた試合も数試合あったので、この採用は大正解だった。
ABf:id:ponz_poke:20171006172605p:plainにすら勝てる対面性能はもちろんへの電気技をで無効化するといった立ち回りも出来るので、との相性は抜群だった。
余談だがにも6世代の頃からずっと世話になっている。いわばの女房役といった所か。
 
 

選出

1.

基本選出。で削ってで道連れしてで〆。

2.

対ステロ展開。で削ってで道連れしてで〆。

3.

対低速サイクル。が暴れてでボコしてで〆。

4.

対受けル。+水物理受け対面でテキトーにやっての挑発+我武者羅で起点作ってで〆。

 

 

辛いポケモン

・混乱実f:id:ponz_poke:20160915210327p:plain

f:id:ponz_poke:20171012171124p:plainも通せないし我武者羅打っても混乱実で回復されるしで本当につらい。

f:id:ponz_poke:20170321152654p:plain

初手を強制されるのが辛い。対面+クッションカバみたいな形だとまず勝てない。

f:id:ponz_poke:20171006171506p:plain

初手はまだでごまかせるが2手目・3手目に置かれると詰み。6世代の頃からずっと頭を悩ませ続けている。

・水z激流f:id:ponz_poke:20160915213522p:plain

が上から吹っ飛ばされるし凍風打ちに身代わり合わされるわでなかなかつらい。

・混乱実f:id:ponz_poke:20171006175155p:plain

f:id:ponz_poke:20171012171124p:plainも通せないし我武者羅打っても混乱実で回復されるしで本当につらい。つらたん。

 

・その他もろもろ

 

 

最後に

f:id:packagex:20180313020310j:image

最高レート画像。

「中堅ポケで2000に乗る」ってのは6世代からの悲願だったので達成できてめっちゃ嬉しい。

来期は62スペレが面白そうなので奇抜なギミックを大量に引っさげてエンジョイしたい(願望)。

 

 

おしまい

【コラム】「#ポケ記事」を付けよう!

どーもこんにちは パッケージです

今回はTwitterポケモンの記事を投稿する時に「#ポケ記事」ってハッシュタグを付けると色々便利になるかもしれないって話をします

 

Q.ハッシュタグって何?

A.ハッシュタグ(以下タグ)とは、ツイッターなどのソーシャルメディアにおいて、特定のテーマについての投稿を検索して一覧表示するための機能です。#○○○○みたいなやつ。

 

Q.なぜポケモンの記事に「#ポケ記事」を付けるの?

A.他のユーザーが「#ポケ記事」で検索することで、自分の投稿を見てもらえるようになるからです。Twitter上にあるポケモン記事を見つけるための主な方法として、

  • 記事を書いている人をフォローし、投稿された記事を見る
  • 他人がリツイートした記事を見る

この二つがあります。しかしこれだけでは

  • 良い記事を書いているのにフォロワーが少ない人の記事が埋もれてしまうかもしれない
  • 記事を書いている人のアカウントをフォローしていない場合、その人の記事を見逃してしまう可能性がある

などの問題が発生する可能性があります。

この問題を「#ポケ記事」を付け、これを普及させることで解決しようという訳です。

 

Q.「#ポケ記事」を付けるとどんなメリットがあるの?

A.主に二つのメリットがあります。

  1. より多くの人に記事を見てもらえる⇒閲覧数が伸びる
  2. TLから自分が見たい記事を見つけやすくなる

一つ目は言わずもがなですね。「#ポケ記事」を付けることで今までそのブログを知らなかった人にも見てもらえるようになるため、閲覧数は確実に増えます。「#ポケ記事」が普及し「#ポケ記事」の記事は欠かさず全部見るって人が増えてくれば閲覧数は急上昇し、より多くの人に自分の記事を見てもらえるようになるでしょう。

二つ目はそのままです。「#ポケ記事」がないとTLを遡ったり「いいね!」を付けておかなければ自分が見たい記事がTLに呑み込まれてしまいますが、「#ポケ記事」と検索する事ですんなり見つけることができます。

  

Q.最後に

みんなも「#ポケ記事」、付けよう!(直球)

 

おしまい

 

 

 

f:id:packagex:20180222213949p:image

サムネ用

 

 

 

 

【単体考察】当たらなければどうということはない!光の粉みががむペンドラー

f:id:packagex:20180220231927p:image

ムカデで噛む(意味不明回文)

どーもこんにちは パッケージです

今回は光の粉みががむペンドラーの紹介をします

 

型紹介

@光の粉

性格:陽気

努力値: H236 / A60 / B4 / D4 / S204 

実数値:165-128-110-67-90-173

特性:加速

技:どくづき/みがわり/がむしゃら/どくびしor地震

調整:S:準速メガマンダ抜き

   H:4n+1

   A:あまり

 

前書き

どくびしパのどくびし要員としてペンドラーを使った所、ペンドラー自身の耐久がそこそこ高いため思いのほか襷が必要ない場面が多い事が分かった。

そのためペンドラーを一撃で倒してくる面々には上からみがわりを連打⇒がむしゃらを当てて体力を削って後続につなげるという方法を取ることで持ち物枠を浮かせることに成功した。

そして余った枠に混乱実やレッドカード・チイラ・ゴツメなど色々な持ち物を入れてみた結果、光の粉♰の汎用性が一番高かったためこいつを採用した。

 

解説

【基本的な動き】

①身代わり連打⇒がむしゃら

相手に一撃で倒されそうな場合。所謂みががむ。相手が命中100%の技を身代わり×4+本体に全弾当てられる確率は約60%。つよい。

②どくびし連打⇒がむしゃら

相手の攻撃が確3以下の場合。マストムーブ。

③下からがむしゃら⇒上からどくづき

相手の攻撃で上から75%以上削られる場合。なかなか決まらない。

④下から身代わり⇒上からがむしゃら⇒どくづき

相手の攻撃で上から50%以上削れる場合。これもなかなか決まらない。

 

【光の粉みががむのここがすごい!】

・汎用性の高さ

これに尽きる。どくびし要員ながらがむしゃらによりほぼすべてのポケモンに削りを入れられる唯一無二の存在。加速のおかげで積まれてもある程度抵抗できるのもつよE。の前で2回行動できるのも偉い。

 

・ワンチャン性能

とか辺りの普通なら絶対勝てない対面でもHPがある程度削れた段階で攻撃をかわせばがむしゃら+どくづきで縛り返せるのが最高。

某王妃風に言うと「耐えられないなら躱せばいいじゃない」といったところか。躱せなくてもがむしゃらで最低限の仕事ができるのもよき。

 

【光の粉みががむのここがつらい…】

・ゴースト全般

がむしゃラーの宿命。どくびしを地震に変えることである程度緩和できるためどくびしが必要ないPTであればそちらも一考。

 

・起点作り要因

相性が悪い。相手の起点づくりを妨害する方法が全くないためステロあくび吹き飛ばしにボコボコにされる。裏先発でカバーしたい。

 

・上からワンキルするマン

(水z)(スカーフ)(電気z)辺り。裏先発でカバーしたい。

 

・攻撃+先制技で縛ってくるマン

とてもつらい

 

・全く躱さない

これがダンッッッッッッッットツで辛い。

不利対面取ったら脳死で身代わりしてるんだけどどいつもこいつも息をするように全弾命中させてきやがる。そのくせ有利対面で脅威の2連躱しを見せつけてきたりする。チガウソコジャナイ

あまりにも躱さなすぎるので何回も持ち物を確認するがやはり異常はない。強いて言うなら自分の運が異常なのだろう。

普通の運の人が使えばちゃんと躱してくれると思う。

 

最後に

 

みががむエルフーンのsラインが無限に決まらない

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【単体考察】毒暴走はもう古い!?特殊がむフェイントザングース

 f:id:packagex:20180216212739j:image

表情がとてもよい(語彙力喪失)

どーもこんにちは パッケージです

今回は特殊がむフェイントザングースの紹介をします

 

型紹介

@気合の襷

性格:おっとり

努力値:A52 / C252 / S204 (最脆)

実数値:133-142-58-123-65-136

特性:免疫

技:冷凍ビーム/大文字/がむしゃら/フェイント

調整:HBD:がむしゃらの威力を上げるため最脆

   Sキノガッサの上を取りたいためS136

          :特化 :あまり

 

前書き

がむしゃら+先制技には「ロマン」が詰まっている。

相手がどんなに強いポケモンであっても先制技を持っていなければ問答無用で倒すことが出来るからだ。

Lv1コラッタvsLv100アルセウスといった絶望的なまでの力の差さえ覆すその姿はまさにポケモン界のGIANT KILLING(番狂わせ)であり、私達(私だけかもしれないが)に勇気希望をくれる。

そんな番狂わせをガチレートでも起こしたいと考え、がむしゃら+先制技の研究に着手した。

その結果

  • 優先度2以上の先制技を持っており
  • 耐久が低く
  • がむしゃらが読まれない

に白羽の矢が立った。

 

解説

【基本的な動き】

①がむしゃら+フェイント

王道(?)を逝く。S136以上は大体死ぬ。

②突然の特殊技

特殊技が通る輩にはガンガン打っていく。おわり。

 

【特殊がむフェイントのここがスゴい!】

 

・Sの高い先制技持ちに勝てる!

従来のがむしゃら+先制技マンはトップメタであるに上から先制技を打たれて負けてしまう。しかし優先度+2のフェイントであればそんな心配する必要ナッシング!♰優先度の壁♰を驕り高ぶった厨ポケどもに見せつけて絶望を与えよう!

 

がなぜか居座ってくる!

こいつらはと対峙するとドヤ顔で居座ってくるよ!中には交代読みヤドリギや剣の舞をぶちかましてくる不届きな輩もいるからC特化大文字で消し炭にしてあげよう!

 

・襷Therian Formeに勝てる!

ステロ展開の初手に出てきやすいこいつらに一方的に打ち勝てる。ステルスロックから入ってきた場合は無償突破できる。つよい!

 

【特殊がむフェイントのここがツラい…】

 

・ゴースト全般

最大打点が不一致c123大文字。

ボコボコにされる。

 

襷が潰される。

ボコボコにされる。

 

オイオイオイ死んだわアイツ

 

・下から先制技打ってくるマン

無☆理☆

 

・追加効果で襷貫通するマン

は?

 

後書き

久しぶりに単体考察書いたけどやっぱりこういうの書くのは楽しいですね(/・ω・)/

ネタのストックはたんまりあるのでまた近々更新したいと思います('ω')ノ

 

おしまい